ENTRY
aaa
エントリー
閉じる
工事部員がもっと働きやすくなる
環境・業務改善を考えたい。
渡辺
Watanabe
2009年入社
工事第1部長

INTERVIEWS

入社の決め手と、前職との違いは?
前職は中小ゼネコンに在籍し、新築、増改修、リニューアル工事の工事担当・工事主任として働いていました。作って終わりではなく、作ったものを保守するために「長く関わっていく点」に魅力を感じ、ビル管理業界に転職を決意しました。中でも経営基盤が強固であり安定している点が、当社を選んだ理由です。現在はビルオーナー様、テナント様、協力会社さん、ビルにいる管理所の人たちなど、人とふれあう機会が多く、いろいろな人と話せる楽しみがあります。
仕事のおもしろさを感じる点は?
当社とお客様の双方の利益を考慮し、合意を得ることは難しい点でもあります。しかし、お客様の立場に立った提案に対して金額も含め合意をいただき、工事完了の際に「ありがとう」と言ってもらえることは大きなやりがいです。そのためにも、仕事をする上で、お客様のご要望に応える「スピード感」は大事にしています。また、工事の大まかな方向性は決まっていても、やり方ひとつで当初の予定よりも利益を残せる場合があり、会社に貢献している自負が生まれ、面白さにつながっています。
中途入社だから分かる当社の魅力は?
社風として、人がいい、心温かい、人に優しい会社であることが当社の魅力です。また、グループ間での交流や関連会社とのやり取りがあり、人の輪が広がっていくところは、東京建物グループならではの楽しい点だと思います。既に安定した基盤がある上で、建物総合管理企業として飛躍を目指している当社は、長く働きステップアップしていくにはとてもよい環境だと思います。さらに業務としてもやりがいを感じて働けているわけですから、転職してよかったと思っています。
これからチャレンジしたいことは?
技術本部は創設して間もないため、発展途上な部署でもあります。今は管理職となり第一線から離れましたが、自分の後を引き継ぐ工事部員がもっとやりがいを感じて、業務がやりやすくなるような環境改善、業務改善を考えたいと思っています。やはり若手は教えるとすぐ吸収しますし、2、3年で育ってくる姿を見るのはうれしいです。会社全体の動きと、工事に特化した動きとの間で落とし所を見つけるのが難しくはありますが、志を同じくする仲間と変えていけたらいいですね。