ENTRY
aaa
エントリー
閉じる
まだ同業他社が実施していない、
初の試みを考えてみたい。
髙橋 舜英
Toshihide Takahashi
2015年入社
PM事業部

INTERVIEWS

仕事のやりがいは?
PM(プロパティマネジメント)とは、一言で言うならオーナー代行業務。ビルのオーナー様に代わって収益向上のために最適な運営戦略を考える仕事です。PM業務は人対人の仕事ですから、相手を見極める観察力、納得させるための提案力・交渉力が重要です。いつも、相手にご納得いただくために事前にさまざまな反応を予測し、対策を練った後、会話のシミュレーションをしています。ゴール地点は1つでも、そこまでの導き方は担当者の経験値や発想により異なりますし、先輩にも、5手先まで考えて話しなさいと言われています。
印象に残っている仕事は?
現在も進行中なのですが、新築ビルのセットアップ業務から運用開始までを担当したことです。新築だと最初はすべて空室ですが、誘致や条件交渉といったリーシングマネジメントとテナントリレーションを同時に行い、ありがたいことに全区画でテナント様から入居のご希望をいただいています。既存ビルとは違い、ビル運営に必要なものをすべて一から考えてオーナー様に提案し、作りあげていくという貴重な経験ができたと思います。
PMに向いている人はどんな人?
新卒からの3年間は大型ビルの設備管理を担当していました。最初にPM事業部に配属された時は「ものすごく難しいことをしている」と思ったのが本音です。それでも、業務に慣れてくるにつれ、人当たりのよさや、オーナー様にもはっきりものが言える点は評価していただいているのかなと思います。また、基本的に物件は一人で担当していますが、部員などに相談したり話を聞いてもらったりして、自分一人で抱え込まずに進めることもPM業務では大切だと思います。
将来のビジョンを教えてください。
まずはオーナー様や関係者との関係強化を図り、新規物件受託に繋げたいです。また、税金や法律関係、役所への届出など、PM業務に必要な知識は多岐に渡るので、「これについては髙橋に聞けば分かる」という得意分野が作れたらいいですね。あるいは交渉が一番うまい、などでもよいかもしれません。また、部長ともよくお話をするのですが、この部ができてまだ年数が浅いため、同業他社との差別化になるような、まだ誰も実施していない初の試みを考えてみたいと思っています。
No newline at end of file