ENTRY
aaa
エントリー
閉じる
小さな気づきを見逃さないことが、
お客様からの感謝につながる。
星野
Hoshino
2017年入社
首都圏第3支社 ビルメンテナンスグループ

INTERVIEWS

初めて異動を経験した感想は?
新卒から3年間、有人管理の大型ビルで働いていました。そこには10人程度が常駐しており、常に誰かと一緒に仕事をしていましたが、今は無人管理の部署に異動となり、一人で現場を回ることも多く、責任を感じています。ですが、先輩方が親身になって教えてくださったおかげで、設備の知識だけでなくコミュニケーション能力や交渉能力が身につき、誰とでも喋れるようになったと感じています。将来は管理職も目指したいので、今の環境はそのための勉強にもなると思います。
これまで一番やりがいのあった仕事は?
お手洗い等で使用される雑用水に塩素を注入する設備が故障した際、自動で定期的に、一定の濃度を保ちながら注入する方式へ更新したことです。古い設備で配管も劣化しており、更新にあたっては考えなければならない問題点がたくさんありました。しかし調査や打ち合わせを重ねて解決策を見つけ、無事に更新することができた時は大きな達成感がありました。お客様への安定した水質提供と、設備員の業務削減が実現し、これから何年も運用されていくのだと思うとうれしかったです。
仕事をする上で心がけていることは?
点検では、小さな気づきを見逃さず、その場できちんと調べることが大切だと思っています。例えば、水滴が落ちていたけれど、周りを見て大丈夫そうだと拭いて帰ったら、翌日に大漏水していた、ということもあり得ます。お客様にとっては異常がないことが当たり前。メンテナンスを行い適切に管理することで評価されることはほとんどありません。しかし、不具合が起きた時に素早く対応することで感謝していただけるので、それがやりがいにつながっています。
TFKに入社してよかったと思うことは?
先輩方や同期を始め、人に恵まれていると感じます。私が失敗をした時も、ある先輩が「自分もこういう失敗をしたことがあるし、大事なことは失敗をしないことではなく、同じ失敗を繰り返さないことだよ」と反省する私をなぐさめ、リカバーすることに尽力してくださいました。その時は本当に泣きそうになりました。代々、みんなで仕事をしよう、チームで頑張ろうという意識があるのだと感じています。頼り甲斐のある先輩が多く、真面目な社風です。